東京オリンピックと板橋区の新築一戸建て

東京オリンピックが、もうすぐ開かれますが、不動産の価値ということでは、東京オリンピックが、不動産価格の上昇に寄与したことは間違いありません。それで、東京都内の不動産価値が上がりましたが、これからも、下がらないだろうという専門家の予想があります。新築一戸建ての購入ということでも、できるだけ東京都内に購入すると、資産価値も下がりにくく、あるいは上がるかもしれないということになります。板橋区などは、23区でも新築一戸建ての購入では、魅力的な地域です。将来の資産価値を考えても、板橋区などの23区内は、日本の中でも、資産価値が高いまま維持されるということですし、交通の便なども非常に良いということで、とくに、土地がある住まいということでは、新築一戸建ての住まいは、非常に魅力があるということになります。将来を見据えて、購入するということがポイントになります。

板橋区の新築一戸建てと周辺環境

東京オリンピックが、開催されるということで、人気の東京都内の新築一戸建てやマンションですが、東京都内で、購入しやすいということでは、下町と言われていた地域が、東京都内では、購入しやすいということになります。具体的には、板橋区や足立区などで、埼玉県に接しているということも、比較的購入しやすいということになる理由です。埼玉県は、もともと東京のベッドタウンということで発展してきました。ですので、隣の板橋区も、東京都内ですが、ベッドタウンとしての地域にも含まれます。そして、東京都内ということでも、すぐ隣の埼玉県とは、違う価値になります。陸続きでも、差が出てくるのが、不動産価値です。その点からも、東京都内では、比較的購入しやすい地域ということになります。まして、土地がある新築一戸建ての住宅ということでは、将来的にも、メリットがある資産になります。

板橋区の新築一戸建て住宅と立地

東京都内は、日本の中心ということで、住まいを確保する場合でも、価格も高くなりますので、取得しにくいということでもありますが、それは、需要と供給ということでも、需要が多いということで、将来的にも、価値が続くということになります。人口は東京都に限れば、減ることは、あまり考えられず、職場が、東京に集中していますので、そこに通うサラリーパーソンは、減ることは考えられないということになります。また、その場合には、住まいがどうしても必要になりますので、住まいの需要は減ることはないということになります。とくに、23区内は、誰が見ても、そう考えます。その中では、板橋区などは、住まいを購入しやすい地域です。新築一戸建ての住宅も購入できるということで、東京都内で、新築一戸建てを購入する場合には、板橋区周辺で購入するのが現実的ということになります。