車の小さい傷は自分で補修塗装しよう

ベテランドライバーであっても、うっかり車を傷つけてしまうことはあります。へこみがない擦り傷ならば、自分で補修塗装しましょう。小さい傷だから安くで直せるだろうとプロに依頼する人は多いですが、小さい傷でもかなりの金額を取られることになります。へこみがなければ、素人でもきれいに直すことができます。節約のためにもトライしてみましょう。まず、テクニックを覚える前に、どう言う道具が必要か分かっておかないといけません。初心者はスプレーガンなど使わず、缶スプレーによる塗装から始めましょう。もちろん、塗料だけあってもだめです。サンディングペーパーやマスキングテープ、塗料を吸い込まないためのマスクも必要でしょう。さらに、塗装を終えた後に磨き作業を行わなくてはいけないので、研磨剤も準備しておかなければいけません。

DIYで車を塗装する場合

DIYで車を塗装する場合、缶スプレーを使うかガンスプレーを使う悩むでしょう。手軽なのは缶スプレーです。かつては、缶スプレーを使うなんて言語道断と言われることがありました。昔は缶スプレーの質が良くなかったからです。しかし、現在の缶スプレーのクオリティは非常に高く、予想以上にきれいに仕上げることができるでしょう。しかも、缶スプレーは安いですし、揃える道具も少なく済みます。ガンスプレーを使う場合、塗料だけあっても意味がありません。ガンスプレーを購入しなくてはいけないですし、エアコンプレッサーも必要になります。細かいことを言えば、プラスチックビーカーや塗料を漉すものも揃えなくてはいけません。数万円はかかるでしょう。缶スプレーなら数千円もあればOKです。初心者の内は、缶スプレーを使うことが推奨されます。

自動車のDIY塗装に関すること

自動車のDIY塗装は苦労することもありますが、とてもやりがいがあります。その魅力にハマる人も少なくありません。初心者の頃は、缶スプレーを使用することが多いですが、ある程度技術が身につくと缶スプレーでは物足りなくなるでしょう。そして、ガンスプレーを使いたいと考えるようになります。ガンスプレーを使うと、缶スプレーでは不可能だった塗装もできるようになるので、作業の幅もかなり広がります。とは言え、ガンスプレーには色々な種類があるので、どれを買えばいいのか悩んでしまう人も少なくありません。まず、価格は7000円程度のものから3万円を超えるものまで結構幅広いです。プロではないのですから、無理をしてまで高額なものを買うことはないでしょう。値段で決めるのではなく、使いやすさを重視して決めるのが基本になります。

Comments are closed.