車の塗装はただ塗るだけではない

車は生活にかかせないものでもあり大切なパートナーでもあります。しかし、使用しているとぶつてしまったり傷をつけてしまうこともあります。ほかにも屋外で屋根のない駐車場に駐車している時間がながいと紫外線や雨などにより劣化することもあります。そんな大事なパートナーが傷ついたりしたら補修をしなければなりません。しかし、車の塗装はものすごく複雑で繊細な作業になります。最初に傷んだ部分の補修が必要になります。傷の深さがひどい場合にはパテを使って傷の部分の補修をおこないます。次は下地をつくっていきます。塗料を塗るまえに表面を綺麗に整えてからサフェーサーを塗ります。次は塗料を吹きつける作業になります。この作業は一度で吹きつけるのではなく薄く何回かに分けて吹きつけます。次はまわりの部分との色を馴染ませるボカシの作業です。もともとの色と補修した部分の色には若干の違いがあります。その違いを目立たなくするためにボカシの作業をする必要があります。最後に補修した部分に問題がなければボディ全体を磨いて作業は終了になります。

車は塗装を守ることが必要になります。

車は塗装を守ることが必要になります。それが一番大事なことです。なぜかといえば、走りには関係がないけれど、塗装が剥がれてしまうと見た目が古く感じてしまうということがあるからです。それは本当に大きいポイントになります。見た目も大事であることは確かですが、それだけではないということもあります。それは剥がれてしまうと、そこからサビが出てきてしまうということがあります。それは、本当に大きいといえます。そのために最近では本当に多くのコーティングもあります。最近では、全塗装を行うようなサイトもあって非常に関心が集まっているともいえます。とにかく、外板の状態を確認することは非常に大事です。紫外線などでも少しずつ劣化することもあるので、十分に置き場所にも気を配っていくことが非常に大事になってきます。それは覚えておくことが大事です。

車の塗装面に目立つキズを残さない

コンパウンドを必要以上に避ける人がいます。コンパウンドは汚れを落とすと言うよりは、汚れを削り取ると言うものなので、避ける人が多いのも納得です。しかし、現在のコンパウンドはかなり質が良くなりました。昔のものとは比べ物になりません。研磨粒子が非常に細かくなったので、使い方を間違えなければ、車の塗装面に目立つキズを残すこともないです。ただ、コンパウンドの種類はかなり増えました。どれを選べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。一人で悩まずに、コンパウンドを扱っているショップのスタッフに聞くことです。自分の車の状態を見てもらうのもいいでしょう。その程度ならお金を取られることはありません。使う目的に応じたものをチョイスすれば、落ちにくい水アカも簡単に落とすことが可能です。コンパウンドを避けるのはもったいないでしょう。

Comments are closed.