車の塗装に必要な道具

愛車を自分で塗装しようと考えている人もいるでしょう。必要になる道具は意外と多いと言うことを知っておかなくてはいけません。塗料さえ用意すればOKと言うわけではないです。塗料だけでも、コーティング塗料やサフェイサーなどがあります。さらに、脱脂するものも必要ですし、希釈用シンナーもいるでしょう。本格的に塗装したいと言う人なら、缶スプレーではなく、スプレーガンが必要になります。サンディングペーパーや研磨剤なども用意しておいた方がいいでしょう。手袋や防毒マスクも大事です。このように、車を塗装するにはたくさんの道具がないといけません。揃えるものが多いので大変と思うかもしれませんが、そんなことはないです。必要な道具は全てホームセンターに売っているからです。何軒ものお店を回らないと揃わないと言うわけではありません。

車の塗装を成功させるには

車の塗装を成功させるには、知識も大事ですが、何よりも経験が重要になってきます。どれだけ塗装の方法を勉強したとしても、実際の作業をやったことがないのであれば、きれいに仕上げることはできないでしょう。やりながら覚えるのがベストと言えます。失敗したら終わりと思っている人が結構いますが、そんなことはありません。手間はかかると言えど、やり直すことはできます。失敗しても焦ってはいけません。そして、その失敗は経験となります。とにかく、素人には無理と言わずに、挑戦してみましょう。また、いきなりスプレーガンを使おうとする人もいますが、最初は缶スプレーを使った方がいいでしょう。缶スプレーを軽視する人は多いですが、今の缶スプレーは非常に質が良いです。決して、軽視してはいけません。正しく使えば、きれいに仕上げることができます

最も手軽な車の補修塗装

車の補修塗装は、素人が手を出してはいけない領域と言われることが多いです。ボディの色に合わせるのが難しいからでしょう。しかし、最近は少し変わってきました。便利なグッズがたくさん市販されるようになり、さらに質もかなり向上したので、昔よりは簡単に塗装できるようになっています。最も手軽な補修塗装と言えば、タッチペイントを使う方法でしょう。カラーナンバーがボディと一致するものを買う事が絶対です。しかし、タッチペイントを買ったからと言って、いきなり塗り込んではいけません。キズついた部分の塗膜をはがし、パテで埋めると言う作業を行う必要があります。さらに、パテが固まったら、今度は耐水ペーパーで研がなければいけません。古い塗膜面との段差をなくさなければいけないからです。そして、水分を乾燥させてから、塗る作業に入ります。

Comments are closed.